出産後の抜け毛の原因は女性ホルモンの乱れ

出産後の抜け毛の原因は女性ホルモンの乱れ


女性にとって子供を産むという出産は、人生においてとても重要なイベントともいえます。
ですが、その出産が原因で、思わぬ体の変調や不調をもたらす事があります。
その中のひとつとしてあげられるのが、抜け毛です。

出産後に、お風呂でシャンプーをしたり、髪をいつものようにとかしただけで、
大量の髪の毛が抜けてしまう事があります。
その抜ける量人によって様々ですが、多い人だと
排水溝がすぐに詰まってしまうぐらい抜ける人もいます。

出産後になぜ大量の髪の毛が抜けてしまうのかというと、
女性ホルモンの乱れが原因なのです。

女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンの2種類があります。
普段はこの2種類が大体2週間後ごとに繰り返し優位に働いていると言われています。

ですが、妊娠する事によりプロゲステロンが常に優位な状態となり、
出産をし元の状態に戻ると、急激にエストロゲンの増加か起こる為、
その状態に体がついていけなくなりホルモンバランスが乱れてしまいます。

エストロゲンは髪の毛を発達させる力を持っており、
妊娠中に抜けるはずであった髪の毛が出産した事により
エストロゲンが増加し、一気に抜けてしまうとも言われています。

髪の毛が抜け始めるのは、出産から3ヶ月ぐらいが一般的です。
出産だけではなく、慣れない赤ちゃんのお世話や今までの生活が変わった事のストレス、
出産後に無理なダイエットをする事、骨盤の歪み等も乱れの原因になり、
抜け毛に繋がります。