長春毛精でストップ脱毛

長春毛精でストップ脱毛


そもそも脱毛のメカニズムとは、脱毛ホルモンDHTが活性化することで脱毛が進行してしまいます。
脱毛ホルモンDHTとはデヒドロテストステロンのことで、毛母細胞での髪の生成を妨げるものです。
このDHTの活性化を抑制する発毛理論とノウハウを手にいれ、脱毛にブレーキをかけることに成功したのがバイオテックの商品!健やかな髪を生みだすために必要なIGF-1の生成を促すことで、髪の成長にかかわる根本的な働きを高め、育毛物質を効果的に、そして効率的に増やしていくというアプローチが可能になったのです。

この両方面かたのアプローチが実現し、バイオテックはより確かな効果を期待できるようになったのです!!他にの脱毛の原因には、頭皮での皮脂の過剰分泌や血行不良も原因とされています。過剰に分泌された皮脂は、空気に触れることで酸化皮脂となり毛穴をふさいでしまう原因になります。脂が毛穴がとどまり炎症をおこす。
これによって抜け毛がおきるのです。
また血行不良になると、血管から栄養が届きにくくなってしまっている状態なので、髪の毛が健康に育たなくなり、一本一本が細くなってしまいます。

これらの皮脂過剰分泌や血行不良による脱毛は、頭皮環境の正常化が脱毛に歯止めをかけるのには最適です。